冷牟田敬band GANG PARADE BiSH  もっと見る


2012.07.01

特集 クローズアップ「魅起法則」彼女たちの魅力を撮り下ろしフォトレポで徹底解説!メッセージも到着!

魅起法則

魅起法則 ライブフォトレポート

魅起法則(みきのるむ)の名前を知ったのは1年ほど前に開催されたイベント。なかなかライブを見る機会は訪れなかったものの、伝わってくるイベントには少しずつ「魅起法則」の名前を見かけるようになった。そして今回、彼女達が生粋のライブバンドであるという事を知る事となる。

舞台の幕が上がり会場にSEが流ると、すぐさま右手を挙げギターリフを弾き始めるボーカル&ギター「紙ゆか」それに合わせてドラム・ベースが入って来る。思っていたよりも正確なリズムと、3ピースガールズバンドとは思えない分厚い音に驚く。

1曲目の「and more!」で意外にもツインボーカルを披露すると、少しポップな雰囲気の「trave」へと続く。ドラム・ベースともに安定したリズムを刻み、ボーカルの愛らしい歌声が響く。ここでMCが入ると思ったがそのまま3曲目の「推定少女」へ傾れ込む。転調や変拍子、なんでもありの曲だがライブでは定番らしくお客さんも聞き慣れた様子。そして新譜1曲目の「YASASIKUSINAIDE」ここまでMCなし・曲紹介もなし。約18分間を轟音で畳み掛けきた。

MCは一番年下のベース「スプーンれいな」が担当。4枚目の新譜「コバルトブルーの法則」の紹介と、最近のライブでは定番となっている車の話題で場を和ませる。そして「魅起法則の中では、一番若い曲になります」とボーカル「紙ゆか」が紹介した5曲目は新譜にも収録されている「あまい」この日、唯一演奏されたスローナンバーだ。

ゆったりとしたリズムの中でギターのフィードバックが心地よく響き渡る。「いつかは消えないとな。世界は生き物で溢れそう。君だっていつかは消えてしまうんだろうな。」という歌詞が印象的。最後の曲「ゆれる」では前に出て煽るボーカル「紙ゆか」ラストはギターを投げ捨て、ステージを後にした。

ガールズバンドと言われると、少し可愛らしい存在を思い浮かべてしまうが「魅起法則」のステージはそれに当てはまらない。刺激的な楽曲・歌詞も然ることながら、3ピースとは思えない迫力や演奏テクニック。予習なしで訪れた観客をここまで夢中にさせてくれるガールズバンドはなかなかいないだろう。日々流れてくる退屈な音楽に飽き飽きしてる方は是非、彼女達のライブに足を運んでみてもらいたい。

1. and more!
2. trave
3. 推定少女
4. YASASIKUSINAIDE
[MC]
5. あまい
6. ゆれる

2012.06.20

次のページ:舞台裏・ミニレポート!