冷牟田敬band GANG PARADE BiSH  もっと見る


2016.04.29

4/24(日)開催!SYNCHRONICITY’16、ライブレポート!進化した都市型フェスの姿。

BRAHMAN envy group_inou MONO SHERBETS SYNCHRONICITY the band apart THE NOVEMBERS Yogee new waves クラムボン 在日ファンク 渋さ知らズオーケストラ

クラムボンは『KANADE dance』『波よせて』『恋わずらい』とつづき、小気味好く踊る原田の唯一無二の歌声がステージを包む。もうひとつ体があったらいいなと思いつつも、見逃すことのできないenvyへ。なぜなら、envyはこのシンクロニシティを前にヴォーカルの深川哲也が脱退を表明。ゲストを招いた最初で最後のライブとなると、envy目当てで集まった人も多いはずだった。ゲストはギターのKawaiが「昔からの友達です」という、青木ロビン(downy)、山㟢廣和(toe)、ツル(milkcow)、TOSHI-LOW(BRAHMAN)、成井幹子 (sgt.)、Hevi (EARTH FEDERATION)、向達郎(kamomekamome)、渡部宏生(heaven in her arms, SZKN)の面々。静けさと哀愁の漂うアルペジオと地響きのようなリフはいつものenvyだが、バンドへのリスペクトで集まったゲストとのステージングは、今日しか見ることのできない刹那的な瞬間。この場にいれることの喜びもあったけれど、やはりどこか寂しさもある複雑な気持ちもあった。とはいえこの瞬間を目に焼き付けることこそ、オーディエンスにできること。脳をぐわんぐわんと揺らす爆音に心も体も持って行かれていつしか酩酊感すら覚えていた。

クラムボン(Photo:荒金大介)
クラムボン(Photo:荒金大介)

envy(Photo:Yukitaka Amemiya)
envy(Photo:Yukitaka Amemiya)

そろそろ各ステージでトリのアクトがスタートする時間。とりあえずは、the band apart、MONO、渋さ知らズオーケストラと順番に巡ることにする。入念なサウンドチェックでスタートしたthe band apart。笑いを誘う原のMCは今日も健在。『Higher』『Eric.W』と往年の名曲で盛り上げつつも、新曲を織り交ぜきらびやかかつグルーヴィーな音を奏でていた。メロウなギターと轟音のコントラストでつくりあげたMONOの世界観。海外で活躍するバンドでありながらも、日本で『After Hours』という新たなフェスを主催するこのバンド。闇と光がないまぜになった、キリリと張りつめるような緊張感がもつ美しさがオーディエンスを飲み込んでいた。

the band apart(Photo:関口佳代)
the band apart(Photo:関口佳代)

MONO(Photo:Takahiro Higuchi)
MONO(Photo:Takahiro Higuchi)

シンクロニシティのトリといえば、やはり渋さ知らズ。会場を巻き込んだ〝どんちゃんさわぎ〟はこのフェス=祭りの締めくくりにこそふさわしい。カオスのようなジャムから会場を巻き込んでの合唱。まさに大円団という言葉がぴったりのパフォーマンスだった。凝縮された濃密な時間だけが、残響する余韻のように頭のなかで揺れていた。

渋さ知らズオーケストラ(Photo:上山陽介)
渋さ知らズオーケストラ(Photo:上山陽介)

ステージの最後に登場したのが、シンクロニシティ主催者の麻生潤。主催者の顔が見えるフェスというのもなかなか珍しいもの。単に商業的なイベントではなく、音楽、フェスというカルチャーを作り上げていこうという彼の思いがこのシンクロニシティの魅力そのものなのだろう。時代性を意識しながらも、ジャンルにとらわれないアーティスト陣。ダンスミュージックとライブミュージックのクロスオーバーを届けたいとはじまった『シンクロニシティ』。シンクロニシティを和訳するとすれば、それは共時性となるのだが、この都市型フェスは、まるで必然に導かれた偶然のようなものであり、ひとつひとつの要素がリンクして繋がる一瞬の火花のように儚く、心に刻まれるものだ。

SYNCHRONICITY’16(Photo:上山陽介)
Photo:上山陽介

終わってしまった…という脱力感と多幸感に満たされながらも、クロージングのスピーチで麻生が発表した、〝来年〟のシンクロニシティのこと。最後にこれだけ伝えておきたい。

今年、開催11年目を迎えた『シンクロニシティ』と、envy、MONO、downyが新たにはじめる『After Hours』は、来年、2017年4月8日(土)、9日(日)に2DAYSで開催することが決定と発表された。会場は同じく、TSUTAYA O-EAST、duo MUSIC EXCHANGE、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-nestを予定。「つづけていくことが大切」を話していた麻生だが、来年はさらに成長し、2DAYS開催となる。1年後、今日よりももっとすごいフェスがあるのだと思うだけで、それはひとつの希望となる。また会う日まで。そんな言葉が頭に思い浮かぶ。そういえば、ベンジーがMCでこんなことを言っていた。「今日は朝まで盛り上ろう」。誰もがこんなに奇跡的なフェスが1日で終わってしまうのは寂しいと思っていたはず。朝までとは言わず、明日も盛り上ろう。来年の『シンクロニシティ』は、さらにフェーズのレベルを上げて帰ってくる。会場の誰もが、その確信を持ってフェスの終わりを迎え、渋谷の街へと消えていった。

SYNCHRONICITY’16 – After Hours –

日程:2016/04/24(日) 15:00
会場:渋谷 TSUTAYA O-EAST / duo MUSIC EXCHANGE / O-WEST / O-nest
出演:クラムボン / 渋さ知らズオーケストラ / BRAHMAN / envy / MONO / downy / world’s end girlfriend / THE NOVEMBERS / fox capture plan / jizue / toconoma / JABBERLOOP / Yogee New Waves / never young beach / MOROHA / D.A.N. / 在日ファンク / group_inou / the band apart / CICADA / DALLJUB STEP CLUB / DOTAMA / PAELLAS / JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB / パブリック娘。 / New Action!(DJ) / SHERBETS / rega / 思い出野郎Aチーム / CAR10 / Ko Umehara(-kikyu-) / 矢吹和彦(-kikyu-) / Gravityfree

主催:EARTHTONE Inc.
企画・制作:-kikyu-

SYNCHRONICITY
https://synchronicity.tv/festival/


スポンサーリンク

こちらもおすすめ

11/3(金・祝)開催「スペシャ列伝 第135巻」ライブレポート!CHAI/ドミコ/2/パノラマパナ...

新しい世代のミュージシャンを発掘するスペースシャワー列伝主催のイベント「スペースシャワー列伝」の第135巻が“奏航海(かなでわたる)の宴~”と題して、新宿LOFTで開催された。出演は2、パノラマパナマタウン、CHAI、ドミコ、teto(Bar Stage出演)の5組。既存のジャンルのなど軽... 2017.11.06

10代限定音楽フェス「未確認フェスティバル2017」コンピアルバム&リツキ1st ep、12/20(水...

10代限定音楽フェス「未確認フェスティバル2017」のファイナルステージに出演した全8組の楽曲を収録したコンピレーションアルバム「未確認フェスティバル2017」と、グランプリアーティスト「リツキ」の1st ep(タイトル未定)が12月20日(水)に発売決定! 2017.11.03

最近の記事

冷牟田敬band「μ(ミクロ)」レコ発にTHE NOVEMBERS/シベールの日曜日

10月4日(水)にNEWアルバム「μ(ミクロ)」をリリースした冷牟田敬bandのレコ発イベントが2018年1月15日(月)、渋谷 TSUTAYA O-nestにて開催される! その出演者が発表となり冷牟田敬bandの他、「THE NOVEMBERS」「シベールの日曜日」の出演が決定! また冷牟田敬bandはライブ参... 2017.11.19

the peggies、文房具店の試し書きだけでつくった新曲公開!11/22(水)に配信リリース!

3ピースロックバンド「the peggies」が文房具店の試し書きだけでつくった楽曲「I 御中~文房具屋さんにあった試し書きだけで歌をつくってみました。~」を11月22日(水)にリリースする! 今作では試し書きコレクター寺井広樹氏の監修・プロデュースのもと、全国の文房具店から約12,... 2017.11.16