BiSH the peggies 冷牟田敬band  もっと見る


2015.10.09

10/3(土)開催「スペシャ列伝 大大大宴会 〜西の宴〜」ライブレポート!THE BAWDIES/plenty/クリープハイプ/SHISHAMOら

Age Factory plenty SHISHAMO THE BAWDIES クリープハイプ プププランド 夜の本気ダンス

リハーサルで「理由」が披露されると会場の空気がピタリと静まり、転換中で談笑していた観客たちも自ずとステージの方を向く。独特の空気感で、 一瞬にして息をのむステージに変えたのはplentyだ。1曲目「プレイヤー」から、研ぎ澄まされたサウンドにのせて、江沼郁弥(Vo, G)の高く繊細な声が貫く。 江沼は「どんどん曲をやります」と一言だけ告げて、曲間で何かを語ることもなく次々とステージを展開していく。昨年、ドラムに中村一太が加わった新体 制後の楽曲「よい朝を、いとしいひと」と「above」では、より磨きのかかったリズム隊が勢いを加速させ、バンドを初期から支える「枠」が歌われると観客も 興奮のままに手を振り踊った。すると何も語らなかった江沼が、感極まったのか「大阪ァーッ!」と不意に叫び、「最後になってから、こんなこと言ってみた りしてね(笑)」とお茶目な様子もみせた。そのままラストの「蒼き日々」に至るまで、押し寄せるグルーヴに身を委ね続ける圧巻のライブとなった。

plenty

plenty

メインステージの迫力にも動じず、自分達の音楽を堂々と貫いたのは神戸発のプププランド。軽快なフォークロック「メトロ」に始まり、西村竜哉(Vo, G)の かすれた歌声がエモーショナルに染み渡る「BABY」を届けた。更に、この日から新体制として新たに迎え入れたサポートドラマーが、口火を切って「ミスタ ームーンライト」へと続く。このロマンチックなナンバーに合わせて、西村が思い立ったかのように「地元・六甲山の夜景に見立てた照明をお願いします!」 とマイペースな演出で笑いを誘う。センチメンタルな歌詞とグッドメロディをしっかりと聴かせるライブは、人柄が滲み出ていて求心力があった。

プププランド

プププランド

巻き起こる特大の拍手喝采に迎えられ、クリープハイプがメインステージに登場。期待に応えるかの如く、1stアルバムから「イノチミジカシコイセヨオトメ」、 「手と手」、「愛の標識」が畳み掛けられると、会場の熱気は早くも沸点を超える勢いに!MCを挟んで「エロ」へと繋げるも、マイクトラブルに見舞われ曲中 は尾崎の歌声が全く聴こえない状態に…。それでも尾崎は地声で堂々と歌い続け、メンバーもバンド演奏を止めずアグレッシブに鳴らす。そんな姿に胸 を打った観客が大合唱でサポートして、ライブを一緒に作り上げるシーンは感動的だった。新曲「リバーシブルー」も披露し、尾崎は「『列伝TOUR2012』で 回っている時は、考え事とか悔しい思いをする事が多くて。それでも、また列伝のステージに帰ってこれて、これだけの人が凄く盛り上がってくれると『や っててよかったなぁ』と思います」と素直に感謝を伝え、「HE IS MINE」を捧げた。尾崎のハイトーンボイスが突き抜け、最高潮のままにステージを終えた。

クリープハイプ

クリープハイプ


関連商品

ポルカドットスティングレイ - 全知全能

2,800円

福岡を拠点に活動するギターロックバンド、ポルカドットスティングレイのメジャーデビュー作。 アルバムのリード曲でもあり、ヨーグリーナ&サントリー天然水 とのコラボレーションミュージックビデオも制作された「レム」や、「PlayStation®4コンセプトムービー 僕らの真ん中にPS4...
2017.11.30

スポンサーリンク

関連記事

THE BAWDIESとsumikaが広島で激突!12/7(木)開催「LIVE HOLIC vol.12」ライブレポート

音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」と、ぴあ&KDDI(au)が手がける直感エンタメサイト「uP!!!」が主催するライブイベント「uP!!!SPECIAL LIVE HOLIC supported by SPACE SHOWER TV」。札幌、福岡、名古屋、岡... 続きを読む
2017.12.12