冷牟田敬band GANG PARADE BiSH  もっと見る


2015.02.02

ToySpeaker、ロングインタビュー!ライブバンドとして進化を遂げてきた彼らの歩みとワンマンへの抱負

the mother’s booth ToySpeaker

— エレキ弾いているarataさんをアコギ弾いていたatsuyoshiさんがスカウトしたんですか? 今と立場が真逆じゃないですか(笑)?

atsuyoshi:曲作りの作業をするにあたってDTMに精通していたりとか、そこに長けている人を探していたっていうのも理由でしたね。勿論、アコースティックギターもイケているクチだったので。ただ最初は凄い悩んでいました(笑)。

Tae:抵抗は絶対あったよ(笑)。うちらが「正式メンバーでお願いします!」って言って、やっと「わかりました」って言ってくれた気がする(笑)。

arata:いや、サポートの話を受けた時点で“アコギか、持ってないんだけどな…”って(笑)。それまで借り物でやっていたんです。

atsuyoshi:メンバーになるとき、一緒にアコギを買いに行ったんですよ(笑)。スタイル的にはアコースティックギターなんですけど、エレキのスタイルを望んでいて。ガチガチのアコギを弾く人では駄目だったんですよ。

Tae:今は「エレキ弾く?」って話になっても、「俺はアコギだから…」みたいな感じでエレキは自ら弾かないという(笑)。

— 『connected=world』はちゃんとアコギもリードパートを弾くし、まさにToySpeakerならではのエレクトリックギターとアコースティックギターのツインギター・アンサンブルっていうのが形になりましたよね。

atsuyoshi:アコギでリードをとるって部分は絶対欲しくて。今作っている楽曲も“いかにリードで弾いてくれているアコギを後ろでカヴァーするか?”っていうアレンジを考えてやっていますね。

— 『connected=world』で新編成になったことで制作スタイルは変わりましたか?

atsuyoshi:ガラッと変わりましたね。作り方がまず変わったので。DTMで自分達ではできないことにも挑戦して、自分達が表現できる限界をやってみたいなと。制作段階でもarata君が入ったことで、よりみんなで楽曲制作する方法を確立できたと思います。

— 『connected=world』で歌詞も変わりましたよね。アルバムタイトルからも明確ですが、伝えていく、繋げていくっていうテーマ性が全編にわたって押し出されていて。

Tae:そうなんです。私の中で人と人との繋がりとか、前に向かって進んでいこうよっていうのを伝えていきたいというのが大きくて。それまでメンバーだった中山田君がほとんど書いている歌詞だと、どうしても何処か第三者目線で歌ってしまうというか。“ここの表現はもっとこういう風にしたいんだけど…”とか相談し合いながら、がっつりと関わらせてもらって。軸を私に置いてもらったので、わりと私の伝えたい感情や想いに近くなっている感じですね。歌いたいことは確実に明確になっています。私自身、ネガティブなところはあるんですけど、前に進んでいきたいっていう想いはあって。わりと願望を曲にしていたりしていて。自分と真逆なことを伝えていきたいのかもしれない。

atsuyoshi:そうなりたいってことを歌える娘になったんですよ。歌詞の中の表現がTaeじゃなくて、Taeがこうなりたいってことを歌うようになったと。

Tae:“私がなりたいのはこう!”って。やっぱり“私の曲だ”ってなると感情の入り方が全然違う。歌いながらでも“あのときあの人がこんな風に言ってくれたから…”とか、いろいろと思い出したりするんですよ。

— 2013年にシングル化された「Clap Your Hands」は、『connected=world』のレコ発ライブですでにプレイしていましたよね?

atsuyoshi:やりましたね。お台場でタヒチ・フェスタってイベントがあって、「Clap Your Hands」はそのテーマソングを書き下ろすっていうのがきっかけだったんです。そのとき配信リリースしているんですが、ミックスを新たにしてカップリングに新曲を入れて2013年にCDとしてリリースしたんですけど。

— ちょっとニューオリンズ・テイストの高揚感のあるリズムだったり、それまでのToySpeakerの曲調とはまったく違ったので驚きました。

atsuyoshi:僕らの中であの曲はチャレンジだったんです。タヒチ・フェスタの話がなかったらあの曲は生まれてない感じなんですよね。まずタヒチをイメージして曲を作ろうとなったときに、僕らでは難しいかもしれないと思って(笑)。できる限りのことはやってみようと思ったけど、タヒチって明るくてポジティブで超ハッピーな、日差しも強くて暑いみたいなイメージじゃないですか?

— ToySpeakerってそれまでどっちかというと冬のイメージですよね(笑)。

atsuyoshi:歌詞も前向きでアッパーでテンションが上がるような曲という。しかもタヒチアン・ウクレレを入れてほしいっていう要望もあって(笑)。

Tae:夏の曲を作るっていうのがなかなか難しくて。「snow place」(『Truth』収録)を1年中やっているバンドだったから(笑)。

atsuyoshi:もう定番。毎日冬みたいな(笑)。

— 「Clap Your Hands」のタイミングでatsuyoshiさんのギターがフェルナンデスのカスタムモデルになりましたよね。

atsuyoshi:シングルコイル・ピックアップのこんな感じのサウンドが良いってフェルナンデスさんと相談して作って。

arata:それ以前に使っていたジミヘン・ストラトはやや粗めのサウンドが良かったんですけど、よりToySpeakerのバンドサウンドとしてまとまりの良い音を目指したというか。

atsuyoshi:より楽曲にマッチする音をと。フェルナンデスのスタッフさんに楽曲を聴いてもらいながら、いろいろアドバイスをいただきつつ作られたギターなんです。


ライブ情報

ワンマンライブ「emotional Toy box 2dB」

日程:2015/02/18(水) 18:30 / 19:00
会場:渋谷 TSUTAYA O-WEST
出演:ToySpeaker / the mother’s booth(O.A)
料金:前売 3,000円 / 当日 3,500円(+1D)

※ チケット取り扱い
チケットぴあ:248-765
ローソンチケット:71702
イープラス


CD情報

ToySpeaker、2ndシングル「the Polestar」

2014/05/14(水)発売 ¥1,000(tax in)
XQFK-1019 / Clear

Amazonで購入


ToySpeaker(トイスピーカー)

Vo.Tae/Gt.atsuyoshi/Ag.arataからなる男女3人組バンドで2007年結成。聴く人を魅了する歌唱力、そして心地よいバンドサウンドが年代を問わず音楽ファンの注目を集めている。2014年5月には書き下ろしイメージソング収録の2ndシングル「the Polestar」をリリースした。


関連リンク

ToySpeaker
http://toyspeaker.net

the mother’s booth
http://themothersbooth.com