冷牟田敬band GANG PARADE BiSH  もっと見る


2014.03.11

3/9(日)開催「スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 2014」ツアーファイナルレポート!SHISHAMO/go!go!vanillas/キュウソネコカミ/KANA-BOON

go!go!vanillas KANA-BOON SHISHAMO キュウソネコカミ 赤色のグリッター

日本のロックシーンの未来を担う4バンドが集い全国をサーキットする『スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR』。 これまで数多くのバンドがこのイベントをきっかけに飛躍しており、リスナーの注目度は年々増すばかりだ。7回目の開催となる今年はKANA-BOON、キュウソネコカミ、SHISHAMO、go!go!vanillasがラインナップされ、チケットは全公演ソールドアウト。3月9日(日)に赤坂BLITZでツアーファイナルを迎えた。(Photo:古渓一道 / Text:三宅正一)

スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 2014 ツアーファイナル 赤坂BLITZ(Photo by 古渓一道)

まず、オープニングアクトとして登場したのは、スペースシャワーTVのオーディション「Day Dream Believer」でグランプリを獲得した赤色のグリッター。この3月に高校を卒業したばかりの彼ら。全4曲にわたって、センシティブでありながら鋭いギターロックサウンドとリリシズムを刻む演奏を見せ、確かな存在感を残した。

本編のトップバッターを飾ったのは、4バンドのなかで紅一点のSHISHAMO。1曲目「あの子のバラード」から、シンプルなアンサンブルに乗って宮崎朝子が紡ぐ抜群のメロディセンスとボーカル力でオーディエンスを魅了した。のんびりしたムードのMCでは会場の笑いを誘いつつ、曲に入った瞬間に空気が締まる。この3ピースバンドは、既にロックとポップの魔法を体得している。そんなことを感じさせるライブだった。

SHISHAMO(Photo by 古渓一道)

2番手は、go!go!vanillas。オーセンティックな趣もありながら、10年代を生きるバンドならではの輝きを放ち ロマンティックに日本語詞をグルーヴさせるロックンロールバンドである。ニューシングル「オリエント」を皮切りに徐々に演奏の熱量を上げていき、いつしか会場全体を完全に掌握する熱狂空間を生んでみせた。ラスト「人間賛歌」の演奏を終えたあとのメンバーの充実しきりの表情が印象的だった。

go!go!vanillas(Photo by 古渓一道)

go!go!vanillasが残した熱気を引き継ぎ、オーディエンスをさらに高揚させたのが3番手のキュウソネコカミ。最初からワンマンライブのような完全ホーム空間で、やりたい放題にその痛快なシニシズムとユーモアとポップセンスを放出。兵庫が生んだ突然変異型のニューウェイブバンドは初披露の新曲「KMDT25」でフロアに4つの盆踊りサークルまで作ってみせた。

キュウソネコカミ(Photo by 古渓一道)

トリを務めたのは、KANA-BOON.。もはやニューカマーというより、新世代のロックシーンを牽引する存在となっている彼らは、1曲目「ないものねだり」からアンコール「A.oh!!」まで、貫禄さえ感じさせるライブを展開。性急な4つ打ちのリズムを軸にドラマティックかつキャッチーなギターフレーズが絡み合い、抗いがたいほど人懐っこいメロディと一度触れたらこの音楽を忘れさせないという“執念”を乗せた歌を躍動させた。

KANA-BOON(Photo by 古渓一道)

オーラスは4バンドのメンバー全員で、レミオロメンの「3月9日」をカバー。多幸感に包まれ「スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 2014 supported by uP!!!」は大団円を迎えた。

なおこのイベントの模様は、スペースシャワーTVにて4月25日(金)23:00〜24:30に特別番組として放送される。お見逃しのないように。

スペシャ列伝100巻カウントダウンもいよいよ後半に突入し、次回は6・7月の2ヶ月連続開催が決定。6月17日(火) 開催にはTHE ORAL CIGARETTESの出演がアナウンスされている。


SET LIST

赤色のグリッター(O.A)
1. 愛の舌打ち
2. ハナミズキ
3. あの人
4. 未来飛行機

SHISHAMO:
1. あの子のバラード
2. バンドマン
3. 行きたくない
4. 僕に彼女ができたんだ
5. タオル
6. 恋する

go!go!vanillas:
1. オリエント
2. ハイテンション
3. ミスタースウィンドル
4. アクロス ザ ユニバーシティ
5. ビッグモンスーン
6. 人間賛歌

キュウソネコカミ:
1. ネコ踊る
2. サブカル女子
3. ファントムヴァイブレーション
4. DQNなりたい、40代で死にたい
5. KMDT25(新曲)
6. ウィーアーインディーズバンド
7. 良いDJ

KANA-BOON:
1. ないものねだり
2. ミミック
3. 結晶星
4. 1.2. step to you
5. 盛者必衰の理、お断り
6. A.oh!! (アンコール)

スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 2014
http://www.spaceshowertv.com/retsuden/



スポンサーリンク

こちらもおすすめ

BiS/GANG PARADEのツーマンツアーのドキュメンタリー写真集、12/15(金)発売!

BiSとGANG PARADEの2組によるツアー「HELL!! CLASH!! BREAK!! TOUR」の模様を収めたフォトブック「BiS/GANG PARADE TOUR THE PICTURES」が2017年12月15日(水)に発売決定! このフォトブックはカメラマン外林健太氏が10〜11月に開催された「HELL!! CLASH!! BREAK!! TOUR」に同行し... 2017.11.09

10代限定音楽フェス「未確認フェスティバル2017」コンピアルバム&リツキ1st ep、12/20(水...

10代限定音楽フェス「未確認フェスティバル2017」のファイナルステージに出演した全8組の楽曲を収録したコンピレーションアルバム「未確認フェスティバル2017」と、グランプリアーティスト「リツキ」の1st ep(タイトル未定)が12月20日(水)に発売決定! 2017.11.03

最近の記事

2/9(金)開催!トリプルファイヤー2018年新自主企画「CAMPFIRE vol.1」に柴田聡子

トリプルファイヤーによる2018年の新自主企画「CAMPFIRE vol.1」が2月9日(金)、渋谷 TSUTAYA O-nestにて開催される! 通算10回目を迎え、新たに「CAMPFIRE」という名前でリスタートする今回の自主企画。 記念すべき新イベント第一回目には「柴田聡子inFIRE」を迎え、ツーマンラ... 2017.11.19

冷牟田敬band「μ(ミクロ)」レコ発にTHE NOVEMBERS/シベールの日曜日

10月4日(水)にNEWアルバム「μ(ミクロ)」をリリースした冷牟田敬bandのレコ発イベントが2018年1月15日(月)、渋谷 TSUTAYA O-nestにて開催される! その出演者が発表となり冷牟田敬bandの他、「THE NOVEMBERS」「シベールの日曜日」の出演が決定! また冷牟田敬bandはライブ参... 2017.11.19