2014.09.03

大人のミニフェス「Slow Music Slow LIVE ’14 in 池上本門寺」8/29(金)〜8/31(日)ライブレポート!

BONNIE PINK Caravan Curly Giraffe EGO-WRAPPIN' ORIGINAL LOVE Salyu Slow LIVE チャラン・ポ・ランタン ハンバート ハンバート 中納良恵 久和田佳代 佐野元春 古川本舗 土岐麻子 小山田圭吾 持田香織 藤原さくら 青葉市子 高橋幸宏 高野寛

11回目を迎えたSlow Music Slow LIVE ’14は、心配された雨がライブ中に一度も降らず、オーディエンスも出演アーティストも大いに音楽と都会の自然を楽しんで、大盛況の3日間となった。初日8/29(金)の“Mysterious Moon”は、Salyuと中納良恵(from EGO-WRAPPIN’)という強烈な個性を持つ実力派女性アーティストの、夢の対バンだ。オープニング・アクトの久和田佳代は、昭和歌謡のテイストを強く持つボーカリスト。“リズム歌謡”というパンチの効いたスタイルで、笠置シヅ子のカバー「買い物ブギ」や、上京して初めて書いた「春になったら船に乗れ」を歌い、会場を沸かせた。(PHOTO:TEAM LIGHTSOME)

久和田佳代(PHOTO:TEAM LIGHTSOME)

満場の期待の中、現われた中納良恵は「今日は一人ぼっちでやってきました」とピアノの前に座って1stソロ・アルバム『ソレイユ』から「夢」を弾き語る。エンディングでは自分のコーラスをサンプリングして“一人コーラスグループ”を演出して、会場を酔わせた。「ソレイユ」からはドラムが加わって、シンプルながら充実したサウンドを聴かせたのは、さすが。EGO-WRAPPIN’ とは異なる繊細でキュートな魅力を見せつけた。

中納良恵(PHOTO:TEAM LIGHTSOME)

Salyuも、バックは小林武史のグランドピアノのみ。いきなり「回復する傷」から“本題”に入る。二人だけのステージだけに、小林が一方的にサポートするわけではない。たとえば二人が盟友でありながら、ライバルとしての火花を散らした「アイニユケル」が最高にスリリングだった。

Salyu(PHOTO:TEAM LIGHTSOME)

アンコールは3人で、カーペンターズのカバー「Close To You」。Aメロを中納とSalyuが交代で歌い、サビはハモるという超豪華セッション。柔らかな中納の声と、シャープで硬質なSalyuの声の対比が見事だった。小林はここではしっかりサポートに徹して、ハイクオリティのエンディングとなった。

Salyu、中納良恵、小林武史(PHOTO:TEAM LIGHTSOME)

イベントサイト
http://lultimo.jp/smsl/



関連イベント

2018/08/31(金) ~ 2018/09/02(日)

Slow LIVE ’18 in 池上本門寺

今年で15周年を迎える夏の終わりの風物詩「Slow LIVE ’18」。 8月31日(金)より3日間にわたり、東京 池上本門寺にて開催決定!
会場:東京 池上本門寺 野外特設ステージ

チケット予約・購入