2017.02.05

特別対談、鴻池遼(ARCHAIC RAG STORE) × 研井文陽(The cold tommy)

ARCHAIC RAG STORE The cold tommy

江戸川乱歩とか、『金田一耕介』シリーズ等のミステリー小説がすごく好きだった(鴻池)

ー なるほど。せっかくの機会なので、お互いに聞いてみたいことはありますか?

研井:はい!

ー では、研井さん。

研井:歌詞の中で女性の言葉が出て来るってことは、何か語りかけてくるものがあるわけじゃないですか。だから遼君の女性観、女性というものをどんな位置付けでとらえているのかな。って。

鴻池:女性観!?

ー 鴻池さんの歌詞には今作で言えば、「Hitori Butai Parade」、過去には「Butterfly Syndrome」など女性言葉が登場します。いずれもちょっと意味深な大人の女性……という印象ですが。

研井:確かに!そこをちょっと掘り下げていきたい。

鴻池:そうですね。歌詞に出て来る人のイメージは、ちょっと昔の女性ですね。女性って本当に分からなくて。弱い存在かと思えばしたたかだし、ただただ複雑だし。ミステリアスな存在。

研井:うんうん。遼君にとって、女性ってどんな存在なの?例えば母親とか自分を包む存在なのか、燃えさせる存在なのか……とか。

鴻池:刺激ですね。自分が一番魅力を感じる存在。音楽と同じくらい惹かれる存在ですね。

ー 数ある女性のイメージの中で、ちょっと古風な女性を登場させるのは、何か理由があるんですか?

鴻池:江戸川乱歩とか、横溝正史の『金田一耕介』シリーズとかのミステリー小説がすごく好きだったんです。こういう作品に出て来る女性ってすごくミステリアスなんですよ。謎めいた未亡人とかもが出てきたりして、基本的に何を考えているのかよく分からない。そういう雰囲気が、ものがすごく刺激的でエロさがあるというか。

ー なるほど。ある種、最初にトミーに感じた背徳的な魅力と通ずるものがありますよね。鴻池さんの持つセクシーな感性のバックボーンはミステリー小説である、と。色々謎が解けた気がします。

研井:ああ……うん。僕も解けた気がする。

鴻池遼(ARCHAIC RAG STORE)、研井文陽(The cold tommy)


こちらもおすすめ

NEWS

9/20(水)開催!J-WAVE×HOT STUFF「LIVE OASIS」cero/ペトロールズ

J-WAVEとHOT STUFFの共催イベント「LIVE OASIS」が9月20日(木)、EXシアター六本木にて開催される! 4回目の開催となる今回は「cero」と「ペトロールズ」が出演!数多くのファンをはじめミュージシャン達からも厚い信頼を得ている2組の貴重な対バンライブをぜひお見逃しなく!
cero

FEATURE

7/4(火)開催「スペシャ列伝 第134巻~彩言疾風の宴~」ライブレポート!SIX LOUNGE/Saucy...

スペースシャワーが主催する若き才能の発掘イベント「スペースシャワー列伝」の第134巻 ~彩言疾風の宴~が渋谷WWWで行なわれた。KOTORI、リーガルリリー、Saucy Dog、SIX LOUNGE の4バンドに加えて、Bar StageではシンガーソングライターのReNが登場したこの日は“言葉に偽りのないア...
KOTORI

NEWS

Special Favorite Music、新曲「Royal Memories」のMVを公開!

Special Favorite Musicが、2017年8月2日(水)発売のNEWアルバム「Royal Blue」より、リード曲「Royal Memories」のミュージックビデオを公開! 今作は全編フルアニメーションの映像作品で、監督を務めたのはメンバーのNaohiro Okuda(Gt/Syn)の弟であり、国内外の映画祭での受賞・...
Special Favorite Music