Beadroads、佐藤亙インタビュー!NEWアルバム「DRY AND MELLOW」制作秘話、アルバムに込められた想いを語る。

Beadroads(ビードローズ)が5枚目となるNEWアルバム「DRY AND MELLOW」を10月2日(金)にリリースする!白井良明(ムーンライダーズ)をプロデューサーに迎えた楽曲「風に歌え」をはじめ、榊いずみがコーラスで参加した「カリフォルニアのホテル」など全12曲を収録する今作。

バンドを率いるのは「榊いずみ」「染谷俊」「清木場俊介」など数々のアーティストをサポート、ギタリスト/アレンジャーとしても活躍する佐藤亙(サトウワタル)だ。今回はそんな彼に「白井良明(ムーンライダーズ)」プロデュースに至る意外なきっかけから制作秘話、そしてアルバムに込められた想いを語ってもらった。

Beadroads

ー まず、Beadroads(ビードローズ)というバンドについて教えてください。

佐藤:98年結成なので、かなり長い間、活動を続けています。オーバーな装飾を取り除いた、とてもシンプルで、純粋な4ピースバンドと言えば良いでしょうか。今回の「DRY AND MELLOW」が5枚目のアルバムになります。僕にとってBeadroadsは自分の音楽的な基本であり、表現したいことをメンバーと一緒に自由にやれる、ホームグラウンドだと思っています。

ー アルバムの冒頭を飾る「風に歌え」は、バンドとして初めて外部のプロデューサーに参加してもらった楽曲だと聞きましたが、なぜ、白井良明さんにお願いすることになったのでしょうか?

佐藤:昔からずっと飽きずに聴き続けているアルバムというのが何枚かあって、改めてそのCDのブックレットを開いてみると、どのアルバムにも白井良明という名前があって。いつか、自分たちの曲もプロデュースしてもらいたいなぁなんて、漠然と思っていたんです。そして、2014年の11月に白井良明さんと川村結花さんの共演するライブがあり、チケットを買って楽しみにしていたんですが、ライブ前夜に、同じく良明さんのファンであるkeyのあつこが、思い切って手紙を書いてみようよと。それで、BeadroadsのCDと、プロデュースしてくださいと書いた手紙を、会場のスタッフの方に託したんです。

ー 純粋にファンだったということですか?

佐藤:そう、本当にただのファンで(笑)。そうしたら数日後に、メールをいただいて。Beadroadsの音楽、すごく良かった、一度会いましょうと言っていただけました。そこから何度かお会いして、色んな雑談から突っ込んだ音楽の話までして、最終的に「風に歌え」 のプロデュースを引き受けてくださったんです。


Beadroads ムーンライダーズ 榊いずみ

こちらもおすすめ

NEWS

榊いずみ、NEWアルバム「SOUNDTRACKS」を5/13(土)にリリース!全国ツアーも!

榊いずみが待望のNEWアルバム「SOUNDTRACKS」を5月13日(土)にリリースする! 今作には榊英雄監督の映画「アリーキャット(主演:窪塚洋介/降谷建志)」の主題歌「Lost and Found」を始め、サウンドトラックのインスト曲に改めて歌詞を付けたという「夜のパレード」や、メーテレド...
榊いずみ

NEWS

FINLANDS、7/5(水)にミニアルバム「LOVE」をリリース!ツアーファイナルワンマンも開催決...

ガールズロックバンド「FINLANDS」が7月5日(水)にミニアルバム「LOVE」をリリースする! 昨年7月リリースのフルアルバム「PAPER」からちょうど1年振りとなる今作は札幌・芸森スタジオでレコーディング。バラードから超高速ナンバーまで全方位を網羅する全7曲を収録する!
FINLANDS

EVENT

Lotus music cafe '17、5/28(日)上野恩賜公園野外ステージにて開催!アン・サリー+伊藤...

昨年よりスタートした新イベント「Lotus music cafe」が今年も上野恩賜公園野外ステージにて、5月28日(日)に開催決定! このイベントには「アン・サリー+伊藤ゴロー with ストリングカルテット(スペシャルゲスト:細野晴臣)」や、「空気公団」「ザ・なつやすみバンド」「優河」...
アン・サリー