2015.08.03

7/22(水)開催「スペシャ列伝 第127巻 〜波創(なみはじめ)の宴〜」ライブレポート!Awesome City Club/Suchmos/The fin./Homecomings

Awesome City Club Homecomings Suchmos The fin.

7月22日、TSUTAYA O-Nestにて「スペースシャワー列伝 第127巻 〜波創の宴〜」が開催された。この日は、今年で15周年を迎える列伝の審美眼にかなった、音楽シーンの「次の波を創り出す」ニューカマー4組が集結。もはや「洋楽」と「邦楽」というジャンルの垣根を超えて、リスナーとアーティストが音楽を楽しんでいることが実証された非常に印象的な一夜となった。(Text by 村上智美 / Photo by 小見山峻)

Awesome City Club

トップバッターは、横浜発5人組バンドSuchmos(サチモス)。ソウル・ミュージックを軸としたアーバンでメロウな楽曲、そしてその真ん中で圧倒的な存在感を放つ、甘くセクシーな歌声に魅せられ、観客も1曲目「Pacific」からゆらゆらと体を揺らしている。 その光景を見て「いい波だね」とYONCE(Vo)も嬉しそうだ。かと思うと「Alright」「Miree」といった楽曲では、このバンドの武器である敏腕リズム隊による黒く渦巻くグルーヴに呑み込まれ、途端に踊らされてしまう。この振れ幅が実に心地いい。ソウル・ミュージックというと少々とっつきにくいイメージがあるかもしれないが、彼らの楽曲には強靭なポップさと人懐っこさがある。個人的には「久保田利伸がバンドだったら、こんな感じかな?」という印象。今後もっと多くの人に、彼らの音が刺さることを予感させるアクトであった。

Suchmos

あどけなさの残るルックスとは裏腹に、バンドの持つ芯の強さを感じさせたHomecomings。まっすぐ前を見据えて言葉を紡ぐ畳野彩加のヴォーカル、楽曲で切り取られた情景に色をつけていく福富のギター、そしてリズム隊の福田と石田、2人の女性による温かなコーラスワーク。これらがひとつのボールとなって向かってくると、言葉には形容しがたいせつなさで胸がいっぱいになる。楽曲はいわゆるローファイ・インディー・ポップと呼ばれるものであり、歌詞もすべて英詞。しかし「I WANT YOU BACK」そしてラストに披露された最新曲「HURTS」に顕著だったが、歌メロは非常に日本的で耳なじみがよく、そのことがさらにせつなさを身近なものとしている。彼女たちの虜になるリスナーが増えている要因は、そこにあるのだろう。教室の中で空回りする男子と、それを冷めた目線で見ている女子3人。そんな甘酸っぱい構図が浮き彫りになったMCもとっても微笑ましかった。

Homecomings

1曲目「Illumination」のシンセの音が鳴った瞬間に、会場を夢と現実の狭間のような甘美な場所へと誘ったのは、3番手のThe fin.だ。80〜90年代のシンセポップ、シューゲイザーに影響を受けた楽曲が、日本のみならず海外からも大きな注目を集めている彼ら。楽曲は限られたコードのループだけで進行し、音数も必要最低限。なのにこれほどまでに叙情性を持った深淵な世界を描き出してしまうとは。そしてそんな幻想的な世界の中をふわふわと漂うUchinoの歌声も魅力的。シンプルな演奏だからこそ目立つ、彼の歌心に感服せざるをえなかった。ライブが進むに従って演奏の肉体感はどんどんと増し、それに呼応するかのようにリスナーの熱も高まっていく。彼らの代表曲「Night Time」のイントロが鳴るとフロアからは歓声が上がり、大きく体を揺らす人が多く見受けられた。

The fin.

この日のパーティーを締めくくるにふさわしい華やかさで会場を魅了したAwesome City Club。 シンセポップ、チルウェイヴ、ソウル、R&Bなど、実にさまざまなジャンルの要素をポップスというフィルターを通してカラフルに昇華した楽曲たちで会場を満たしていく。途中、クラウドファウンディング限定でリリースする新曲「アウトサイダー」「Pray」を披露。どちらも、一度聴いたら耳から離れない印象的なギターフレーズとatagi(Vo,Gu)、PORIN(Vo,Syn)、モリシー(Gu,Syn,Cho)、3人による変幻自在なハーモニーが非常に心地よい。MCでは、PORINが9月にセカンドアルバムをリリースすることを発表し、歓声が上がる。 そして早速、その中から「WAHAHA」を演奏した。彼らはアンコールでもさらに、アルバムからの新曲「GOLD」を披露。ACC色が今まで以上に色濃く滲み出た楽曲で、彼らのさらなる快進撃を予感させるものであった。そして〈今日のラストシーン 響くファンファーレ〉という歌詞にふさわしい、キラキラとした余韻を残してイベントを締めくくったのだった。

Awesome City Club

この日のライブの模様は、8月18日(火)の24時〜25時スペースシャワーTVにてオンエア決定。エポックな一夜をお見逃しなく!

セットリスト

Suchmos
1. Pacific
2. YMM
3. Alright
4. Burn
5. Miree
6. Life Easy

Homecomings
1. SETTLE DAWN
2. FINE
3. I CAN’T TELL YOU
4. SOMEWHERE
5. I WANT YOU BACK
6. GREAT ESCAPE
7. HURTS

The fin.
1. Illumination
2. The End of the Island
3. Veil
4. Night Time
5. Faded Light
6. Growing Red On The Shore
7. Days With Uncertainty

Awesome City Club
1. It’s so fine
2. 4月のマーチ
3. アウトサイダー
4. Pray
5. Lesson
6. WAHAHA
7. 涙の上海ナイト
8. GOLD


スペースシャワー列伝15周年記念公演 第127巻 ~波創(なみはじめ)の宴~

日程:2015/07/22(水)
会場:渋谷 TSUTAYA O-Nest
出演:Awesome City Club / Suchmos / The fin. / Homecomings
主催・企画・制作:スペースシャワーTV

このライブの模様をスペースシャワーTVにてオンエア!
初回放送:2015/08/18(火)24:00~25:00
※リピート放送有

スペースシャワー列伝
http://www.spaceshowertv.com/retsuden


こちらもおすすめ

NEWS

平賀さち枝、待望の2ndアルバム「まっしろな気持ちで会いに行くだけ」を9/20(水)にリリー...

平賀さち枝が待望の2ndアルバム「まっしろな気持ちで会いに行くだけ」を9月20日(水)にリリースする! 今作にはバンド編成や平賀の弾き語りなど、バラエティに富んだ全12曲を収録予定。バンドメンバーには樺山太地(Taiko Super Kicks)、新間功人(1983)、谷口雄(1983/ex.森は生きて... 2017.07.25
平賀さち枝 / 撮影:カトウキギ

NEWS

9/20(水)開催!J-WAVE×HOT STUFF「LIVE OASIS」cero/ペトロールズ

J-WAVEとHOT STUFFの共催イベント「LIVE OASIS」が9月20日(木)、EXシアター六本木にて開催される! 4回目の開催となる今回は「cero」と「ペトロールズ」が出演!数多くのファンをはじめミュージシャン達からも厚い信頼を得ている2組の貴重な対バンライブをぜひお見逃しなく! 2017.07.16
cero

最近の記事

NEWS

10/12(木)開催「SYNCHRONICITY’17 AUTUMN LIVE!!」にCreepy Nuts/Charisma.com/フレンズ

毎年春に行われている都市型フェス「SYNCHRONICITY」による対バン形式のライブイベント「SYNCHRONICITY’17 AUTUMN LIVE!!」が10月12日(木)、渋谷 TSUTAYA O-EASTにて開催決定! このイベントには「Creepy Nuts」「Charisma.com」「フレンズ」が出演! 2017.08.18
Creepy Nuts

NEWS

ドラムセッションイベント「ドラムの日 制定記念 2017 秋の大秋山会」10/10(火)開催!

ドラムセッションイベント「ドラムの日 制定記念 2017 秋の大秋山会」が10月10日(火)に渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて開催決定! このイベントは今年から日本記念日協会に正式登録されたドラムの日(10月10日)にちなみ、downyのドラマー「秋山タカヒコ」を中心に、伊藤大助(clammbon... 2017.08.11
秋山タカヒコ(downy)