2014.10.09

怒髪天/グッドモーニングアメリカ/tricot/ircle/BLUE ENCOUNTが新宿LOFTにて繰り広げた熱狂のステージ!スペシャ列伝「第103巻 熱狂の宴」ライブレポート!

BLUE ENCOUNT ircle tricot グッドモーニングアメリカ 怒髪天

10月7日(火)、新宿LOFTでスペースシャワー列伝〜第103巻 熱狂の宴〜が開催された。本公演は、スペースシャワーTVの開局25周年と列伝100巻のメモリアル公演として新宿LOFTを舞台に開催されているライヴシリーズの第4夜。増子直純のMC出演を含めて歴代最多出演を果たしている怒髪天や、昨年のJAPAN TOURでファイナルの大トリを飾ったグッドモーニングアメリカら、5組による文字通り「熱狂」の競演が繰り広げられた。(Text by Hiroyuki Terada(MUSICA) / Photo by 釘野孝宏)

怒髪天(Photo by 釘野孝宏)

まず、この日一番最初の熱狂を新宿LOFTにもたらしたのは、同世代の支持が急上昇中のエモーショナルロックの若手バンド、BLUE ENCOUNT。6月の「快翔の宴」出演時に勝手に<ウォール・オブ・金八>なる芝居をやり「もう呼ばれないかと思ってました」と笑いを誘ったが、“JUST AWAKE”や“HALO”、先月リリースした新曲“MEMENTO”と、重厚で激しいキラーナンバーを連発し、何度もフロアにモッシュを起こす。最後は、バンドにとって最も大切な曲のひとつ“HANDS”でフィニッシュ。声を枯らしながらも、<いつだって君のその手は いつでも世界を変えれるよ>と歌い切った。

BLUE ENCOUNT(Photo by 釘野孝宏)

続くircleも、同じ九州出身のBLUE ENCOUNTや古くからの盟友であるグッドモーニングアメリカとの競演だけあって、いつも以上に気合いが入っている。キレのある幾何学的なギターのリフ、頭から突っ込んでいくようなドラム、ギラギラとその闘志を隠そうとしない河内健悟のヴォーカルが一体となって攻め込んでくる。途中、勢い余って走り過ぎる場面も何度かあったが、それも気合いの表れだと思えば微笑ましい。他のどのバンドにも負けない熱いライヴをやり切り、残響が響く中、河内が中島みゆきの“ファイト”を1フレーズ口ずさみ、ステージを後にした。

ircle(Photo by 釘野孝宏)

3組目に登場したのは、男クサいバンドばかりが並ぶこの日のラインナップの中で、紅一点バンドとなるtricot。しかし、男も顔負けの激しさと熱量で圧巻のパフォーマンスを披露していく。ずっしりと腹に響くビートとゴリゴリのベース、変拍子や急展開の多い楽曲をさらに切り刻むような切れ味の鋭いギター……スリリングなアンサンブルは、決して客にとってノリやすいビートや構成とは言えないが、それでも羽ばたくようなメロディと強力なビートが観客の身体を揺らし、虜にしていった。

tricot(Photo by 釘野孝宏)

続いて登場したのは、グッドモーニングアメリカ。と言っても、現れたのはステージではなく、フロア後方。会場が新宿LOFTということで椎名林檎の“歌舞伎町の女王”のSEに合わせ、女装したたなしんが客に自らを担がせフロアを縦断するという女王様プレイを敢行。出オチがきっちり決まったところで、“キャッチアンドリリース”からライヴがスタートし、瞬く間にフロア中央に大きなサークルモッシュ作り上げた。「13年前は高校生だった僕らが、長い年月で巡り合えた機会に感謝したい。200巻も300巻も一緒に祝えるような関係でありたい」というMCから“コールアップ”へ。わかり合える友とのかけがえのない絆を歌ったこの曲を列伝に捧げた。

グッドモーニングアメリカ(Photo by 釘野孝宏)

トリを務めたのは、前述の通り、歴代最多出演を誇る怒髪天。「場違いな出演でゴメンな。お互いなんか違うと思ってるよな」と嘯いてはいたものの、ライヴは完全なる横綱相撲そのもの。若手バンドのようなあからさまな気合いの入り方というよりも、どっしり構えて安定のパフォーマンスでフロアに熱狂と笑いを伝播していく。ライヴ後半、100巻メモリアルへのお祝いとして披露したのは、“ビール・オア・ダイ”、“ヘベレ・ケレレ・ヨー”、“酒燃料爆進曲”という、まさかのビール3連発!おかわりに次ぐおかわりの祝杯で列伝とスペシャへの愛をぶちまけた。

怒髪天(Photo by 釘野孝宏)

新宿LOFTを舞台にした列伝シリーズは、第124巻が開催される11月28日(金)まで、まだまだ続く。引き続き、素晴らしい競演の数々をお楽しみに。

セットリスト

BLUE ENCOUNT
1. JUST AWAKE
2. HALO
3. NEVER ENDING STORY
4. ロストジンクス
5. MEMENT
6. HANDS

ircle
1. 呼吸を忘れて
2. ノーリタイア
3. セブンティーン
4. 失敗作
5. 本当の事

tricot
1. POOL
2. おもてなし
3. Break
4. 爆裂パニエさん
5. 99.974℃

グッドモーニングアメリカ
1. キャッチアンドリリース
2. イチ、ニッ、サンでジャンプ
3. inトーキョーシティ
4. 拝啓、ツラツストラ
5. コールアップ
6. 未来へのスパイラル

怒髪天
1. 一番星ブルース
2. 押忍讃歌
3. 己 DANCE
4. ビール・オア・ダイ
5. ヘベレ・ケレレ・ヨー
6. 酒燃料爆進曲
7. オトナノススメ

スペースシャワー列伝 ~第103巻 熱狂の宴~

日程:2014/10/07(火) Open 18:00 / Start 19:00
会場:新宿 LOFT
出演:怒髪天 / グッドモーニングアメリカ / tricot / ircle / BLUE ENCOUNT
主催・企画・制作:スペースシャワーTV

番組オンエア情報

スペースシャワー列伝100 Vol.1
初回放送:2014/10/28(火) 23:30〜24:00
リピート放送:11月予定

スペースシャワー列伝 ~第108巻 ?(はてな)の宴

日程:2014/10/22(水) Open 18:00 / Start 19:00
会場:新宿 LOFT
出演:Analogfish / トリプルファイヤー / Awesome City Club / Yogee New Waves
料金:前売 オールスタンディング ¥2,800(税込・ドリンク代別)

スペースシャワー列伝 ~第112巻 秘祭の宴~

日程:2014/10/31(金) Open 18:00 / Start 19:00
会場:新宿 LOFT
出演:MO‘SOME TONEBENDER / シャムキャッツ / Dr.DOWNER
料金:前売 オールスタンディング ¥3,500(税込・ドリンク代別)

スペースシャワー列伝
http://www.spaceshowertv.com/retsuden/100/



こちらもおすすめ

NEWS

平賀さち枝、待望の2ndアルバム「まっしろな気持ちで会いに行くだけ」を9/20(水)にリリー...

平賀さち枝が待望の2ndアルバム「まっしろな気持ちで会いに行くだけ」を9月20日(水)にリリースする! 今作にはバンド編成や平賀の弾き語りなど、バラエティに富んだ全12曲を収録予定。バンドメンバーには樺山太地(Taiko Super Kicks)、新間功人(1983)、谷口雄(1983/ex.森は生きて... 2017.07.25
平賀さち枝 / 撮影:カトウキギ

NEWS

9/20(水)開催!J-WAVE×HOT STUFF「LIVE OASIS」cero/ペトロールズ

J-WAVEとHOT STUFFの共催イベント「LIVE OASIS」が9月20日(木)、EXシアター六本木にて開催される! 4回目の開催となる今回は「cero」と「ペトロールズ」が出演!数多くのファンをはじめミュージシャン達からも厚い信頼を得ている2組の貴重な対バンライブをぜひお見逃しなく! 2017.07.16
cero

最近の記事

NEWS

10/12(木)開催「SYNCHRONICITY’17 AUTUMN LIVE!!」にCreepy Nuts/Charisma.com/フレンズ

毎年春に行われている都市型フェス「SYNCHRONICITY」による対バン形式のライブイベント「SYNCHRONICITY’17 AUTUMN LIVE!!」が10月12日(木)、渋谷 TSUTAYA O-EASTにて開催決定! このイベントには「Creepy Nuts」「Charisma.com」「フレンズ」が出演! 2017.08.18
Creepy Nuts

NEWS

ドラムセッションイベント「ドラムの日 制定記念 2017 秋の大秋山会」10/10(火)開催!

ドラムセッションイベント「ドラムの日 制定記念 2017 秋の大秋山会」が10月10日(火)に渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて開催決定! このイベントは今年から日本記念日協会に正式登録されたドラムの日(10月10日)にちなみ、downyのドラマー「秋山タカヒコ」を中心に、伊藤大助(clammbon... 2017.08.11
秋山タカヒコ(downy)